筑波大学 システム情報系 白川(直)研究室

研究室概要

研究テーマ

 環境用水(環境流量)を中心概念に,河川環境の保全や改善に関わる研究を行っています.

研究室の構成員

 教員(白川)は筑波大学システム情報系の構造エネルギー工学域に所属しています.

 学生は,システム情報工学研究科(大学院),社会・国際学群(国際総合学類),理工学群(工学システム学類)が中心になっています.文系と理系の学生がおよそ半分ずついることが特徴です.大学院から筑波大学へ進学してくる学生も多く受け入れています.

研究室の活動

 研究(ゼミ)と社会活動(プロジェクト)を並行して進めています.

 研究には,現地調査に基づくもの,統計分析を行うもの,文献からモデルを構築するもの,二次資料から計算をするものなどがあります.研究室内にてテーマの大分類ごとに班をつくり,班ごとに研究を進めるなかで個人のテーマを追究する形をとっています.国際総合学類の学生はいわゆる文系的なテーマ設定をすることが多く,基本的には個人ベースで研究を進めます.

 社会活動は地元の川を良くしていこうと取り組んでいる市民の方々を支援する役割が主です.そのほとんどを学生主体に進めています.

教員の担当している主な講義

  • 水環境論(国際総合学類・工学システム学類)
  • 数理科学2(国際総合学類)
  • 環境流体工学特論(システム情報工学研究科)
  • 流体力学特論1・2(システム情報工学研究科,分担)
  • 環境開発工学専門実験(工学システム学類,分担)
  • 河川・水循環工学(茨城大学工学部都市システム工学科)

PAGE TOP